暑い日が続いております。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

「熱中症に要注意」
7月半ばになり、ちらほらとニュースで聞くようになりました。
熱中症は死に至るケースが決して稀ではない、恐ろしい症状です。

自覚症状で熱中症に気付ける人はいないと言われております。
特に小さなお子様は意思表示が上手に出来ないですし、ご高齢の方は暑さそのものを感じづらい体質なので注意が必要です。

また、「喉乾いた!」と自覚した時というのは、身体が早急に水分を要求しているSOSの状態なのだそうです。
高温多湿が続き、急激な気温上昇が見込まれるまさに今の時期は、水分と適度な塩分補給を常に心掛けていきましょう。
スポーツドリンクが良いそうですよ。

お祭り、花火、プールなど、様々なイベントがだんだん始まりますね。
水分摂って、しっかり食べて、しっかり休んで、元気に良い夏をお過ごしください。

なつ2