家を建てる際、ほとんどの方が住宅ローンを利用することになると思います。この住宅ローンの返済には幾つか種類があり、代表的なものに「元利均等返済」と「元金均等返済」があります。
この二つの返済方法には以下のような特徴があります。

○元利均等返済P
メリット
返済額(元金+利息)が一定なので、月々の返済計画が立てやすいです。また、元金均等返済と比較すると返済開始当初の返済額が少ないです。
デメリット
元金均等返済と返済期間が同じ場合、総返済額が多くなります。

 

○元金均等返済P
メリット
返済が進むにつれて返済額(元金+利息)が少なくなっていきます。また、元利均等返済と比較すると、返済総額が少なくて済みます。
デメリット
返済開始当初の返済額が最も多くなり、返済当初の負担が大きくなります。

 

図で見ると元利均等返済は毎回同額を返済するけど、返済当初はあまり元金が減っていか
ないのが分かると思います。
逆に元金均等返済は、返済初期は負担が大きく返済が進むにつれて負担が減っていくのが
分かると思います。
どちらの返済方法も一長一短があり、一概にどちらがいいとは言えません。
住宅ローンとは長い付き合いになっていきますので、よろしければ当社へご相談ください。