(各ご家庭により土地や建物の条件が異なると思いますので、ご自身の条件に数字を入替えて計算してみてください)

米子市内で土地50坪と建物(述べ床30坪)の住宅が物件購入価格2000万円。住宅ローンの条件は、物件購入価格の2000万円を35年ローン(フラット35、金利3パーセント固定)で返済、ボーナス払いは無しの頭金も無しに設定。月々のローン支払額は約7万7千円となります。7万7千円×12ヶ月×35年=3234万円。
賃貸の家賃を住宅ローンと同額の月々7万7千円(米子市内、3LDK、築10年以内、駐車場代込み)とします。35年間での家賃支払い額は月々が同じなので住宅購入と同額になります。ただし、35年間同じ賃貸に住み続けるとは考え辛いので、引っ越しをした場合は引っ越し費用や敷金礼金なども、その回数分発生します。

結果として、賃貸であれば35年経過後も自身の所有とはならず、住み続ける限り継続的に家賃を支払う必要がありますし、引っ越し費用等も掛かります。反面、住宅を購入した場合は、土地と建物を自身の所有物として気兼ねなく自由に暮らせ、更に住宅ローンの支払いが終わっても財産として残るのです。
しかも住宅ローンの設定は固定金利で3パーセントとしていますが、条件次第で1パーセント台の金利もありますし、頭金を用意すればその分利息支払額が減ります。

固定資産税等やメンテナンス費用を考えても、賃貸より自分の城を持てる購入のほうが、有利となるのではないでしょうか。